脳神経と核の存在場所と神経繊維の種類(運動神経・感覚神経・混合神経)

脳神経の存在場所と神経繊維の種類
目次

過去の出題傾向

押さえておきたいPoint!!

  • 12対の脳神経核の名称
  • 脳神経核が位置する場所
  • 脳神経に含む神経線維
  • ゴロを覚える
    『嗅いで・視る・動く・車の・3つの・外・顔・聞く・咽の・迷う・副・舌』
    『さあさあ名古屋の後藤さん、とうとう午後・ゴミにうんちふく』

脳神経とは

脳神経は頭蓋底にある孔を通って頭蓋腔に出入りする末梢神経で12対あります。
脳の前方からローマ数字が振られており、嗅神経から第Ⅰ脳神経…舌下神経はⅫ脳神経となります。

脳神経核の位置、機能を理解することは、脳神経の障害による神経症状を理解する上でとても重要になってきます。

脳神経

出典:Brain human normal inferior view 著者:Brain_human_normal_inferior_view.svg:Patrick J. Lynch CC 表示 2.5
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Brain_human_normal_inferior_view_without_label.svg
脳神経の位置と働き

Ⅰ.嗅神経〈終脳〉嗅覚を伝える

Ⅱ.視神経〈間脳〉視覚を伝える

Ⅲ.動眼神経〈中脳〉眼球・瞼の運動、瞳孔を収縮させる

Ⅳ.滑車神経〈中脳〉眼を内下方に向ける(上斜筋)

Ⅴ.三叉神経〈橋〉顔面と舌前方2/3の知覚、咀嚼嚥下

Ⅵ.外転神経〈橋〉眼球を外転させる(外側直筋)

Ⅶ.顔面神経〈橋〉表情筋、舌2/3の味覚、唾液腺の分泌(顎下腺、舌下腺)

Ⅷ.内耳神経〈橋〉聴覚、平衡感覚

Ⅸ.舌咽神経〈延髄〉咽頭筋の運動、舌1/3の知覚味覚、唾液腺の分泌(耳下腺)

ⅹ.迷走神経〈延髄〉咽頭筋の運動、咽頭の知覚、胸腹部臓器の運動知覚

Ⅺ.副神経〈延髄〉胸鎖乳突筋・僧帽筋の運動

Ⅻ.舌下神経〈延髄〉舌筋の運動

ゴロ 『嗅いで・視る・動く・車の・3つの・外・顔・聞く・咽の・迷う・副・舌』

嗅いで(嗅神経)
視る(視神経)
動く(動眼神経)
車の(滑車神経)
3つの(三叉神経)
外(外転神経)

顔(顔面神経)
聞く(内耳神経)
咽(舌咽神経)
迷う(迷走神経)
副(副神経)
舌(舌下神経)

ここでは脳神経が出る場所と簡単な働きだけ理解しておきましょう!

脳神経核の存在位置

脳神経の図を見ると、すべて脳幹から出ているように見えますがそれは違います。
嗅神経(Ⅰ)は終脳から、視神経(Ⅱ)は間脳から出ています。

終脳(大脳半球)と間脳を合わせて神経解剖学的に大脳をさすため、以下ではまとめて記載しています。

脳神経はそれぞれ部位から出ていますが、脳神経核もほぼ同じ場所に存在しています。

脳神経核とは、神経細胞体の塊状に集まっている場所で脳神経は脳神経核から始まる・または終わります。

注意が必要なのは、三叉神経(Ⅴ)の核は中脳〜延髄まで広く分布しており、顔面神経(Ⅶ)と内耳神経(Ⅷ)は橋〜延髄まで、副神経は延髄〜頸髄に位置しています。

そのため、延髄外側症候群(ワレンベルグ症候群)であれば延髄に跨って存在する神経核も影響を受けることになります。

共通問題の出題傾向からは、脳神経核の位置は一般的な教科書レベルの理解で問題ないと思われます。

大脳→嗅神経(Ⅰ)、視神経(Ⅱ)

中脳→動眼神経(Ⅲ)、滑車神経(Ⅳ)

橋→三叉神経(Ⅴ)、外転神経(Ⅵ)、顔面神経(Ⅶ)、内耳神経(Ⅷ)

延髄→舌咽神経(Ⅸ)、迷走神経(Ⅹ)、副神経(Ⅺ)、舌下神経(Ⅻ)

ゴロ 『2・2・4・4の法則』

第Ⅰ脳神経から大脳・中脳・橋・延髄に2・2・4・4の順で割り振ります。

脳神経線維の種類

脳神経の神経線維は、視覚情報や嗅覚情報を脳に伝える感覚神経や顔面や眼の筋肉を動かす運動神経など、脳神経によって役割は様々です。

脳神経に含まれる神経線維は大きく分けて以下の3つになります。

  • 運動神経線維(中枢からの命令を骨格筋に伝える遠心性神経)
  • 感覚神経線維(皮膚や粘膜から情報を受け取って中枢に伝える求心性神経)
  • 副交感神経節前線維(平滑筋の運動や腺の分泌を行う自律神経)


このいずれか1つの神経繊維、もしくは複数の神経線維からなる混合性神経があります。

※それぞれの脳神経を構成する神経線維の種類は〈〉内に記載

脳神経の神経線維

Ⅰ.嗅神経〈感覚神経〉

Ⅱ.視神経〈感覚神経〉

Ⅲ.動眼神経〈運動神経+副交感神経〉

Ⅳ.滑車神経〈運動神経〉

Ⅴ.三叉神経〈運動神経+感覚神経〉

Ⅵ.外転神経〈運動神経〉

Ⅶ.顔面神経〈運動神経+感覚神経+副交感神経〉

Ⅷ.内耳神経〈感覚神経〉

Ⅸ.舌咽神経〈運動神経+感覚神経+副交感神経〉

ⅹ.迷走神経〈運動神経+感覚神経+副交感神経〉

Ⅺ.副神経〈運動神経〉

Ⅻ.舌下神経〈運動神経〉

ゴロ 『さあさあ名古屋の後藤さん、とうとう午後・ゴミにうんちふく』

脳神経の種類


ゴロ 『みなとくで服交換』

み(Ⅲ.動眼神経)、な(Ⅶ.顔面神経)、と(Ⅹ.迷走神経)、く(Ⅸ.舌咽神経)
服交換(副交感神経)

『さあさあ名古屋の後藤さん、とうとう午後・ゴミにうんちふく』の書き方

STEP
簡単に表を書く
簡単に表を書く
STEP
ゴロに合わせて数字を割り振る
ゴロに合わせて振り分ける
STEP
各神経に数字を割り振る
各神経に振り分ける
STEP
表を埋める
表を埋める


この表が書けるだけで沢山の問題を解くことができます。

何度も練習をして、確実に書けるようにしましょう!!

類似問題

57P53 神経核が橋に位置するのはどれか。

1. 副神経
2. 滑車神経
3. 顔面神経
4. 舌咽神経
5. 舌下神経

57P54 運動神経線維のみの脳神経はどれか。2つ選べ。

1. 滑車神経
2. 三叉神経
3. 顔面神経
4. 舌咽神経
5. 舌下神経

49P54 舌の運動を支配する神経の神経核があるのはどれか。

  1. 間脳
  2. 中脳
  3. 延髄
  4. 脊髄

49P57 味覚を支配するのはどれか。 2 つ選べ。

  1. 滑車神経
  2. 顔面神経
  3. 舌咽神経
  4. 副神経
  5. 舌下神経

48P93 嚥下に関わる神経とその働きの組合せで正しいのはどれか。

1.三叉神経 ―――― 口唇閉鎖
2.顔面神経 ―――― 下顎の運動
3.迷走神経 ―――― 嚥下反射
4.舌咽神経 ―――― 舌の運動
5.舌下神経 ―――― 唾液分泌

44P10 延髄にない神経核はどれか。

  1. 舌下神経核
  2. 動眼神経核
  3. 前庭神経核
  4. 蝸牛神経核
  5. 迷走神経背側核

41P8 脳神経核で延髄にないのはどれか。

  1. 迷走神経核
  2. 顔面神経核
  3. 舌下神経核
  4. 副神経核
  5. 舌咽神経核

41P9 脳神経の中で副交感神経を含まないのはどれか。

  1. 動眼神経
  2. 三叉神経
  3. 顔面神経
  4. 舌咽神経
  5. 迷走神経

38-10 脳神経核と存在部位との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 動眼神経 ー 中脳
  2. 迷走神経 ー 延髄
  3. 外転神経 ー 橋
  4. 舌下神経 ー 延髄
  5. 副神経 ー 中脳

34-9 中脳にないのはどれか.

  1. 乳頭体核
  2. 黒質
  3. 赤核
  4. 被蓋
  5. 動眼神経核

34-11 副交感神経が含まれる脳神経はどれか。2つ選べ。(一部改変)

1. 嗅神経
2. 三叉神経
3. 顔面神経
4. 迷走神経
5. 舌下神経

32-3 脳神経と核との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 顔面神経 ー 橋
  2. 動眼神経 ー 橋
  3. 三叉神経 ー 橋
  4. 副神経 ー 延髄
  5. 迷走神経 ー 延髄

31-3 脳神経に含まれないのはどれか。2つ選べ。(一部改変)

  1. 長胸神経
  2. 横隔神経
  3. 外転神経
  4. 舌下神経
  5. 聴神経

29-5 延髄について誤っているのはどれか.

  1. 頭側は橋である
  2. 外側皮質脊髄路が交差する
  3. 小脳との連絡線維がある
  4. 舌下神経核がある
  5. 背側部を被蓋と呼ぶ

28-2 脳神経について謝っているのはどれか。

  1. 第Ⅰ・II・Ⅷ脳神経は感覚神経である
  2. 顔面神経は混合神経である
  3. 迷走神経は混合神経である
  4. 副神経は感覚神経である
  5. 舌下神経は運動神経である

27-66 誤っているのはどれか。

  1. 脊髄前根は運動性,後根は感覚性である
  2. 延髄には第8〜12脳神経核がある
  3. 橋腹側部には小脳への連絡線維が走行する
  4. 中脳の上丘は聴覚の中継核である
  5. 小脳半球は同側上•下肢の巧緻運動を調整する

参考文系

  • 『解剖学 第5版(標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野) 』(出版社:医学書院)
  • 『からだの動きの解剖生理学』 (出版社:金芳堂)
  • 『休み時間の解剖生理学』 (出版社:講談社)
  • 『医学生・研修医のための神経内科学 改訂3版』(出版社:中外医学社)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次